法人印を作ることとは

法人印を作っておくと便利です。様々な書類に必要となることがありますし、企業間の契約の際にも使うことが出来ます。契約ですから簡単に破ることが出来るものではありません。確実に契約をしたという証明にもなります。オリジナルのものを作ることが出来る専門業者もあります。オリジナルのものとなれば、高額な費用がかかってしまうのではないか、と不安に思うこともあるかもしれませんが、今はオンラインで気軽に作成をすることができます。いくつも持っておきたいという企業のために同じものを複数作ることが出来る場合もあるので、相談をすると良いです。法人印ですから高級感があるものを作りたいという場合でも素材を選んで作成をすることも出来るので、満足できるものを購入することができます。価格でも素材を選ぶことが出来るので便利になっています。

法人印は3点セットが一般的です

会社を設立する時には印鑑を登録する必要があります。特別決まった印鑑である必要はないのですが、一般的には代表印、銀行印、角印の3点セットを法人印として利用します。印材の形も、個人で使う印鑑と同じ寸胴型もありますが、印材の中程がくびれた天丸タイプが人気があります。印材の種類も個人印と同じです。柘植に代表される木の印材、水牛の角を使った印材、そして象牙です。印材と書体を選べば、彫り方は概ね決まっています。代表印でしたら二重丸の内側に役職名、外側に社名を彫ります。法人印は会社を代表する印鑑ですから、これから業績が上がるように縁起をかついで高価な印材を使う人も多くいます。印鑑に詳しくない人は高い印材ですとかけにくいと思っている人もいますが、そうではありません。彫り方と押し方でかけやすさは変わってきます。

法人印における役割とは

法人印とは、個人において印鑑登録をしているように、法人についても代表印を法務局に登録していかなければならず、印鑑証明書が発行されていくのも、個人による場合と同じであり、このように、登録制度や役割についてはほとんど同じであるため、法人に関する代表印についても個人の場合にならった上で、一般において実印と呼ばれています。また、この代表印に、銀行印や角印、割印を加えている四本を、法人印と呼ばれ、一般的に印章店においては、この四本についてさらに小切手用によるゴム印を加えた上で、セット販売しております。企業における社会的活動に関しては、個人よりはるかに広い範囲に及んでいくだけに、法人印による責任は重大であり、印材についても彫りも十分に吟味した上で、高品質によるものを揃えていくことをおすすめしております。

幅広い種類の印材の中からお好みの物を選んで納得のいく印鑑をご注文いただくことができ、サイト上からお気軽にご注文いただけます。 皆を幸せにする印鑑を豊富に取り揃え、お客様が印鑑によって幸せになる、お手伝いをさせて頂ける事が他社との違いです。 大切な人の新しい門出に印鑑をプレゼントしませんか、実印・銀行印のセットなら年末感謝セールがあります。 法人印は種類豊富な平安堂へ