タイムレコーダーの種類として一般とネットワーク型

お店の運営をするというとき、フランチャイズという場合と、チェーンということがあります。フランチャイズというのは、基本的にはオーナーが店主になります。経営も行うということです。売上などから、ライセンス料などを支払うということです。ですから、仕入れであったり、売上、従業員の管理なども自分で行うことになります。ただし、そういったことも含めてサポートしてくれるということもあります。ポスシステムなどによって売上などを管理するということがあります。また地域のマネジャーなどがお店を回って経営のアドバイスなどをするということもあるということです。


従業員の管理では、給料の支払いなどに関しては、それぞれのお店で行っているでしょう。一方、チェーン店というとき、店主は本社ということになります。店長などは、その会社で働く管理職などになります。運営などにおいては、ほとんどが本社の指示において行われることになります。一部店長などに任されることもありますが、アルバイトの給料などを独自に決めたりということはないということです。そのお店で働いていても、その会社に雇われているということになります。労働に関する情報は本社に集められて、その元で給料が支払われることになります。表向きは良く似ていても、労務管理や、給料の支払いの方法などは違いがあるということになります。それぞれにおいて適した仕組みを用いることで対応していく必要があるということになります。タイムレコーダーの種類として、まずは一般的なものがあります。事務所などに設置して、カードを差し込んで打刻をするというものです。


その打刻データを基準に給与の支払いなどを行います。小さい会社でも、大会社などでも、どこででも使える仕組みになります。使えますが、大会社などではかなり事務処理が大変ということはわかります。従業員の数だけ、入力を別途しなければいけないことになります。内容のチェックも人の目でおこなうことになります。一人で行うのは難しいことがあると思います。少人数であれば、可能ということです。他の種類において、ネットワーク型というものがあります。こちらは何らかのネットワークを通じて、パソコンなどにデータを取り入れることができるものです。パソコンで処理ができますから、て入力の必要がありません。チェックもパソコンで行えるので、不明部分を自動で呼び出すなどができます。チェックも少人数で行えます。