タイムレコーダーのスマートなデザイン

タイムカードは事務所などで鎮座する存在と言えますが、しかしスマートなデザインにする事も可能なのです。特にICカードを利用したシステムは、カードを接触させるだけで勤怠管理が出来てしまうという勤怠管理機能になっているので、毎月の給与計算も簡略化できると言うわけです。さらにはタイムレコーダーに液晶画面表示ができるようにしておき、ICカードに記録されている情報を読み出す事も可能になります。自分自身の勤怠管理にも役立ちます。意外と思われるかもしれませんが、勤怠管理というのは経営責任者や管理責任者だけではなく本人にとっても有益な要素があるのです。

自分が、いつ、どのくらいの勤務時間を達成したのか、という情報は、タイムカードの記録だけでは不十分な場合があるとはいうものの、いつ、どこのオフィスに入って、どのタイミングでオフィスを出たのか、あるいは他の店舗や事務所を巡回したのかがICカードにデータ蓄積されていくことによって、自己管理にも役立てられるというわけです。こまめに手帳に、出張記録をつけている人でも、他の店舗や事務所を訪問した時に、例えば自分のタイムカードが用意されていない店舗でもICカードによる記録が可能になりさえすれば、報告ミスや伝達漏れを防ぐのにも効果的と言えるのです。つまりICカードを、個人個人のタイムカードとして利用できるようなシステムということです。

別の言い方をすれば、自分専用のタイムカードを、全店共通の状態で、持ち歩いているのだということもできます。営業の外回りでは、特にタイムカードを押す必要がないという場合が多いのですが、自社の多店舗に立ち寄ったり、いわゆる売場巡回をする時に、こうした現場のタイムレコーダーと連携させてICカードを活用できるようにしておけば、従業員の行動記録が客観的データとして保管できるようになるのです。タイムレコーダーに触れる人が、その現場の人以外にも該当してくるとなるとセキュリティが重要になります。まずタイムレコーダーそのものが改ざんされないように頑丈な素材で、なおかつ変形されないように、もしも手を加えられてしまったとしても、すぐに判明できるように、なるべくシンプルでスマートなデザインにしておくことが望ましいでしょう。出勤退勤時刻記録だけのタイムレコーダーと違って、ICカード活用が可能なタイムレコーダーは、液晶画面が付属していてもシンプルなデザインというのが良いでしょう。そうすれば、本社からの巡回社員が来ても、ICカードチェックが容易であり、不審者と見間違えずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*