仕事の時にトナーの交換をするのは苦手です

仕事でプリンターを使うことが多いのですが私が使う時にプリンターのトナーの交換サインが出ることが多いです。いつもタイミングが悪いと思い諦めて交換をするのですが業務用のプリンターを使っているのでプリンターが大きくて交換がやりずらいのでいまだに苦手です。自宅のプリンターであれば簡単にできるのですが業務用ともなるとややこしくて交換するのにいつも時間がかかってしまいます。しかも忙しい時に限って交換に遭遇してしまうので焦ってしまい余計に時間がかかってしまいます。他の同僚に聞いてみても多くの人が交換は苦手だと言うのですが自分が使っている時に交換のサインが出たことはあんまりないと言うのです。私が使うタイミングが悪いのだとは思うのですが苦手な交換に頻繁に遭遇することは避けたいです。新人の頃に交換の手順は先輩に教えてもらったのですが今でも苦手を克服できずにいます。

トナーではリサイクル品を利用する

自宅でプリンターを使う場合は、インクカートリッジを交換します。インクジェット式だからです。メーカーに寄っては、インクの部分が見えることがあります。液体状です。メーカー推奨ではありませんが、カートリッジにインクを直接補充することもあるようです。純正のものだとかなり高いですが、リサイクル品を利用すると安くなることがあります。会社などで使うプリンターではレーザー式になります。この時にはトナーカートリッジを使います。それだけで機械の部品のようになっているものです。純正は数万円するので買うときにびっくりすることがあります。基本的には純正を購入しますが、どうしても高くて買えない場合はリサクル品を買うこともあります。価格は純正の半額近くまで安くなることがあります。メーカーの保証などが受けられなくなることがあるので、それを理解して使います。

トナーにおいては配送対応に気をつける

通販などを利用して購入することがあります。送料を負担して送ってもらうことになります。その時、その業者の体制がよく分かることがあります。必要最低限のことしかしてこない場合もあれば、少し過剰ではないかと思うぐらいきちんと包装して送ってくれるところもあります。結果としては同じでも、体制で業者の気持ちがわかるものです。特に、壊れては困るものに関しては雑な対応は困ります。丁寧すぎるぐらいのほうが安心できるでしょう。リサイクルのトナーを利用するときは、幾つもある業者から選ぶことになります。そのなかから金額と送料を考慮して選ぶことになります。いくつかの会社のものを利用しましたが、とりあえずはどの業者もかなり包装をしっかりしてくれているように思います。このビジネスではリピートしてもらう必要があります。また買ってもらうために努力しているのでしょう。